慶應義塾大学松原弘典研究室 コンゴ民主共和国「アカデックス小学校」プロジェクト2011

慶應義塾大学松原弘典研究室 コンゴ民主共和国「アカデックス小学校」プロジェクト2011

REPORTER

慶應義塾大学SFC
松原弘典研究室
松原弘典/総合政策学部准教授
長谷部葉子/環境情報学部准教授
Bedelo Simon/環境情報学部非常勤講師
鈴木啓/構造家、ASA代表
金子絵美/政策・メディア研究科修士2年
武藤奈穂/政策・メディア研究科修士2年
安藤数保/政策・メディア研究科修士1年
立元遥子/政策・メディア研究科修士1年
水嶋輝元/政策・メディア研究科修士1年
本田真侑子/総合政策学部3年
梶原慧太/環境情報学部2年
鈴木葉月/環境情報学部2年
他、長谷部研究室学生及び関係者11名
撮影:中村友也

“コンゴ民主共和国に小学校を建てよう!”4年目の変化。

慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(以下慶應義塾大学SFC)の松原弘典研究室(以下松原研)と長谷部葉子研究室(以下長谷部研)により、2008年に開始した『コンゴ民主共和国「アカデックス小学校」プロジェクト』は、コンゴ民主共和国(以下コンゴ)のキンシャサ郊外に小学校を設計・建設・運営するものである。 キンシャサ郊外には、海外からの資金援助を受けて建設された学校が幾つか存在する。援助を受けた場合の多くは、建物だけが突如その場に現れたような違和感がある。建築はその大きさのために、善くも悪くも周囲の環境や人に大きな影響を与える。私たちは出来る限り、現地で容易に調達出来る素材を建築材料に用い、現地情勢との調和を計ることで、持続可能な小学校の建設を目的としている。 2009年、10年にはそれぞれ一棟ずつ校舎建設を実施しており、11年の夏には第三教室棟を建設した。(→2009年のレポート、→2010年のレポート) 今年も2011年8月20日から9月6日にかけて、慶應義塾大学SFCの計17名の学生(松原研8名、長谷部研9名)が、4度目となる現地渡航を行った。

4年目になる今年から、本プロジェクトは第2段階に入ったと位置づけている。今までの本活動は、小学校校舎建設とそこでの児童向けワークショップの実施が中心であった。今年からは現地大学との連携をとりこみ、小学校を基盤に日コ双方の大学生が建設と教育ワークショップを“協働”で行えるようにした。サマーキャンプと呼んだこの交流には、コンゴ側からはキンシャサ教員大学(Institut Superieur Pedagogique, ISP)をはじめとするコンゴ人の大学生が10人ほど参加し、建設とワークショップに従事した。すでにISPでは2011年4月より現地高等教育省の働きかけで日本語コースが設置され、長谷部研の卒業生らが現地に常駐して日本語指導にあたっており、この常駐スタッフがサマーキャンプの実施を強力にサポートした。

今年の第三教室棟の校舎建設はいささか遅れが目立った。我々が到着したときにはまだ壁の施工が終わっておらず、学生たちはレンガ壁の施工やコンクリート梁の打設から参加した。当初の計画では日本での設計に従ってコンゴ側には壁を施工してもらっておき、日本人の到着後に一緒に屋根を施工する予定であった。計画は変更を余儀なくされたが、それにより様々な気付きがうまれ、最終的には良い結果となった。また2009年に建設した第一教室棟の屋根には、今年新たに日本から持参した太陽光パネルを設置した。停電の多いキンボンド地区では、この存在はすぐに威力を発揮し、パソコンや携帯電話、デジタルカメラなどの充電に役に立っている。

キンシャサの状況は徐々に変わりつつある。経由地の南アフリカのヨハネスブルクと比較すると、まだ混沌としているとはいえ、空港は少しずつ秩序をもち、停電の時間が短くなった。今回は在コンゴ日本大使館の多大なご理解の下、本活動のために北澤寛治大使公邸において大使館主催のレセプションまで開いていただき、現地でのアカデックスプロジェクトの広報面で後押しを受けた。また藤田和彦参事官には医療や移動の面でサポートに加えて、サマーキャンプで合気道のレクチャまでしていただいた。我々はアカデックス小学校以外に、教員大学の中に日本文化センターを作る計画立案をし、日本人の投資でキンシャサ郊外に仏教寺院を作る計画にも関わり始めた。本活動は急速に認知をされ、この街は今まさにグローバリゼーションの波にのみこまれ始めている。

以下はこの夏に渡航した松原研の大学院生によるレポートである。なお、本年度の私たちの活動には、学生の渡航に関しては慶應義塾大学未来先導基金の支援を、太陽光パネルの購入やその他経費で住友財団の支援を頂いていた。また2010年度の渡航の後には、すぐれた子供のための建築ということでJIA(日本建築家協会)主催の「JIAゴールデンキューブ賞」優秀学校部門賞を受賞している。記して感謝したい。(松原弘典)

» 次ページに続く

下記イベントにて、今回のプロジェクトが紹介されます。
お誘いあわせの上、是非ご来場ください。

第16回 SFC Open Research Forum 2011「学問のシンカ」

会期 2011年11月22日(火)~23日(水・祝)
会場 東京ミッドタウンホール&カンファレンス
料金 無料(事前登録不要)
主催 慶應義塾大学SFC研究所
  • 慶應義塾大学未来先導基金
  • 住友財団
  • 一、二、三教室棟外観一、二、三教室棟外観
  • 開校三周年記念イベントでの関係者の記念撮影開校三周年記念イベントでの関係者の記念撮影
  • 在コンゴ日本大使館でのレセプションのようす在コンゴ日本大使館でのレセプションのようす