【イベント】東京ミッドタウン・デザインハブ 第70回企画展「ハブとマングース」〜クリエイティブ思考から生まれる新たなプロセスとは〜
東京ミッドタウン・デザインハブ 第70回企画展「ハブとマングース」

武蔵野美術大学は、東京ミッドタウン内デザインハブにて11月27日より、東京ミッドタウン・デザインハブ第70回企画展 「ハブとマングース」を開催する。

同展は、個を超えたチームが持つ可能性を提示するというコンセプト。グラフィックデザイン、映像、音楽、エンジニアリング、アート、ファッションなど、幅広い分野で活躍するクリエイティブチーム「TYMOTE(ティモテ)」のクリエイションが中心となる。

「ハブとマングース」というタイトルは、思いつきのアイデアにデザインやアートを介在させて混沌を生み、創造力へと昇華させる彼らのチームスタイルを象徴するものだという。コラボレーションでのクリエイティブプロセスを紐解く同展が、今後を担うクリエイターの新しい働き方や社会との関わり方、プラットフォームを思考する一助となるだろう。

展示期間中には関連イベントも開催予定。

【開催概要】
会期:2017年11月27日(月)〜12月24日(日)
開館時間:11:00〜19:00
会場:東京ミッドタウン・デザインハブ(東京都港区赤坂9丁目7番1号ミッドタウン・タワー5階)
入場料:無料
主催:東京ミッドタウン・デザインハブ
企画・運営:武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ、株式会社モーフィング

TYMOTE(ティモテ)とは
グラフィックデザインを軸に、映像・CG・音楽・インターフェースデザイン・Webなどメンバー各々のクリエイティブを追求しながら、隔てなくデザインを提案するチーム。一つのプロジェクトをメンバー内で多様な方面から一度分解し再構築する事で、高い水準の作品、アイデア、企画を追求している。
http://tymote.jp/works/

2017/11/13 15:12