デザイナーの仕事の魅力とは?これからデザインを学びたい人へのメッセージ

クリエイターズクラブ「NEW」インタビュー(3)
item.sCaption
本サイト、「デザインノトビラ」のロゴデザインを手がけたクリエイターズクラブ「NEW」のインタビューシリーズ。ロゴのデザインプロセスから、NEWのメンバー4人にとってのデザインとの出会い、武蔵野美術大学での学生時代や卒業制作についてうかがった本シリーズの最後に、4人が感じるデザインの魅力や、これからデザインの世界へ足を踏み出そうとしている読者へのメッセージをお話しいただきました。

 

  ――みなさんが感じるデザインの仕事ならではの魅力やおもしろさを教えてください

 

藤谷力澄さん:デザインは誰かの依頼や期待に応えるという仕事だと思うので、誰かが考えた思いや熱量を自分たちの手でかたちにできるところにおもしろさを感じていますね。アイデアがかたちになり、それがまた誰かへと伝わっていくところにも楽しさがありますね。

 

沖田颯亜さん:私はまず、人に愛されるものをつくり出せるのがこの仕事の楽しさだと思います。それから、いままで気づかなかった新しい美意識に出会えることもとてもいいことだなと感じていて。自分が美しいと思うものに出会えることって、人生をより豊かにできると思います。なにかを美しいと思えるセンサーを自分の中にどれだけ増やすことができるかが、この豊かさに直結すると思ったんです。だから、そういう感覚を研ぎ澄ますことができるデザインは魅力的な仕事だと思います。


山田十維さん:僕は自分たちが手がけたものをかたちとして表現できるところが、この仕事のいちばんの魅力だと思っています。自分がつくったものがこんなにもわかりやすく世の中に出る仕事って、意外に少ないと思うんですよね。デザイナーとして「自分はこれをやりました」と誇りをもって言えるので、それはデザインの仕事の醍醐味だと捉えています。

 

坂本俊太さん:思い返すと、僕は小学生の頃から物事をぼーっと考える癖があって、話を聞いていないと思われることが多かったんですが(笑)、いまはデザイナーになったことで、そのことを仕事にできているのがすごく嬉しいんですよね。ひたすら考えていても許される職業というか、しかもそれがかたちになることで誰かを幸せにできるので、そこがデザインの仕事のよさだなと思います。


クリエイターズクラブ「NEW」

(左から)藤谷力澄さん、山田十維さん、沖田颯亜さん、坂本俊太さん

 

――これからデザイン系の学校を受けたい人や、迷っている人に対してのメッセージなどがあればお願いします。

藤谷力澄さん:デザインはコミュニケーションのひとつで、たとえば声色や抑揚であったり、届ける相手との関係性によってどんな風に届けるかを考えることだと思うんですね。どのように届けるのかという答えは人それぞれで正解はないですし、ある意味ではどれも正しいと思うんです。

美大はとにかく課題が多いので、目の前の課題を解決することに精一杯になってしまうこともあるかもしれませんが、何のためにデザインをやっているのか、その先にちゃんと相手がいることを忘れないで取り組むと、楽しめるんじゃないかと思います。


沖田颯亜さん:私は、小さい頃は好きになれるものがあんまりなくて、それが自分の中ですごいコンプレックスだったんですね。好きなことがあればそのことに突っ走れるはずなのに、将来どうしようと思っていて……。

でも、それって裏を返せばいろんなことにまんべんなく興味があるということなのかな、と考えるようになりました。もし学部選びで迷っている人がいたら、そうやって少し視点を変えてみることで、自分に合った道が見つかるかもしれません。興味がない分野でもシャットアウトせずに、まずはいろいろな場所に行ってみる。もしくはInstagramなどのSNSでもいいので、たくさんの先輩の作品に触れてみることはとてもいい刺激になると思います。


山田十維さん:自分は学生時代からまったくデザインエリートじゃないと思っています。社会人になったいまでも自信を持ててないように思えます。これからデザインをはじめる人も、きっと自信がなくなることもあると思いますが、きっと大丈夫です。これは自分調べになってしまいますが、自分がとても尊敬しているデザイナーでも、ずっとつくるものに対して自信がないといっていました。

ただ、それは僕から見ると、だからこそその不安を払拭するために何度も手直しをし、美しいデザインに仕上げているように感じています。 なので、自分に自信を持てる人も素敵ですが、持っていない人もそれが才能だと思い頑張って欲しいです。


坂本俊太さん:デザインノトビラは、デザインを学びたいと考えている人のためのサイトだと思うので、この記事にたどり着く時点でデザインに向いている人だと思うんですね。その人は、これまでに褒められたことがある経験が、デザインに関係することだったんじゃないかなと。褒められるということは、社会の中で価値があるということだし、そのことをやった方がいいと思いますね。

デザインの仕事は「よくなるために工夫すること」で、それはどんな仕事にも必要だし、学んでみて損はないですし、この道に進んで後悔はないと思います。


クリエイターズクラブ「NEW」

NEW

「NEW」 は、山田十維を中心に、沖田颯亜、藤谷力澄、坂本俊太の4名で活動しているクリエイターズクラブ。デザインをバックグランドとしつつ、様々な分野を掛け合わせながら活動している。モノやコトがあふれる時代を生きるクリエイターとして、人の行動や感情に寄り添う「新しさ」と真摯に向き合っている。 http://neeeew.jp/


(上の写真左から)

坂本俊太(さかもとしゅんた) 
1993年生まれ。大阪府出身。武蔵野美術大学 基礎デザイン学科卒。instagram:@sakamotoshunta twitter:@skmtshnt

山田十維(やまだとおい) 
1994年生まれ。東京都出身。武蔵野美術大学 基礎デザイン学科卒業後、世界株式会社(CEKAI)を経て、2021年よりNEW inc.を設立。企業のブランディングやプロダクト開発に携わり、デザイナー・アートディレクター、時にはプロデューサーとして活動している。家業は、箱の設計を得意とする印刷加工会社。twitter:@neeeewjp

沖田颯亜(おきだそうあ)
1993年生まれ。東京都出身。武蔵野美術大学 基礎デザイン学科卒業。同年資生堂クリエイティブ本部に所属し、アートディレクターとして活動中。主に、ビューティーブランドや中国茶/クラフトビールなどの飲料系のパッケージを含めたコミニケーション全体のアートディレクションを手掛ける。 instagram:@soa.okida

藤谷力澄(ふじたにりきと)
1995年生まれ。東京都出身。武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科卒業。instagram:@rikitofujitani

文:開洋美 写真:寺島由里佳 取材・編集:堀合俊博(JDN)


関連記事

読みもの

PR
明星大学

明星大学デザイン学部デザイン学科 第5回卒業研究報告展

明星大学デザイン学部の「第5回 卒業研究報告展」は、2021年度に卒業する4年生が、4年間積み重ねた学びの成果を展示とプレゼンテーションで報告する展覧会イベントです。 今年の展覧会のキャッチコピーである「まなんで、むすんで、ひらめいて。」は、学生たちが授業や課題でたくさんのアイデアを求められたとき、それまでの「まなび」がヒントとなって実を「むすび」、新しい「ひらめき」に繋がった経験を表現した言葉です。この言葉の通り、4年間の学びを出し切った卒業研究が出揃いました。 展示する個々の研究成果はもちろん、展覧会ポスターやパンフレットのデザイン、展示会場構成、プレゼンテーションのタイムテーブルに至るまで学生たち自身の手で作り上げた展覧会です。 デザイン学部では、日常にある問題を発見し解決策を考える「企画力」と、それを的確に伝える「表現力」の融合が、社会とつながるデザインの力であると捉え、日々学びを深めています。学生一人ひとりが社会と向き合い、調査と分析から課題を明確にし、解決方法を提案する様子はもちろん、デザインの研究成果が非常に幅広い領域に広がっていることも、本展覧会の見どころです。
2022年5月16日(月)