過去の卒業制作展 1998年~2021年

item.sCaption

1998年~2021年までの卒業制作展のレポートのアーカイブを公開しています。
株式会社JDNでは、1998年よりデザイン情報サイト「JDN」の「卒展特集」をはじめ、 2016年にデザイン・アートを学ぶ学生の卒展制作展の紹介サイトとして「卒展」をオープンし、卒業制作の紹介を続けてきました。
以下のアーカイブでは、これまで紹介してきた学生たちの作品をご覧いただくことができます。

2021年 卒展レポート

2020年 卒展レポート

2019年 卒展レポート

2018年 卒展レポート

2017年 卒展レポート

2016年 卒展レポート

過去の卒展レポート一覧

読みもの

PR
明星大学

明星大学デザイン学部デザイン学科 第5回卒業研究報告展

明星大学デザイン学部の「第5回 卒業研究報告展」は、2021年度に卒業する4年生が、4年間積み重ねた学びの成果を展示とプレゼンテーションで報告する展覧会イベントです。 今年の展覧会のキャッチコピーである「まなんで、むすんで、ひらめいて。」は、学生たちが授業や課題でたくさんのアイデアを求められたとき、それまでの「まなび」がヒントとなって実を「むすび」、新しい「ひらめき」に繋がった経験を表現した言葉です。この言葉の通り、4年間の学びを出し切った卒業研究が出揃いました。 展示する個々の研究成果はもちろん、展覧会ポスターやパンフレットのデザイン、展示会場構成、プレゼンテーションのタイムテーブルに至るまで学生たち自身の手で作り上げた展覧会です。 デザイン学部では、日常にある問題を発見し解決策を考える「企画力」と、それを的確に伝える「表現力」の融合が、社会とつながるデザインの力であると捉え、日々学びを深めています。学生一人ひとりが社会と向き合い、調査と分析から課題を明確にし、解決方法を提案する様子はもちろん、デザインの研究成果が非常に幅広い領域に広がっていることも、本展覧会の見どころです。
2022年5月16日(月)