専門学校/公立/富山県

富山ガラス造形研究所

  • 工芸
item.sCaption

ガラス造形作家を養成する全国初・唯一の公立のグラスアート専門学校

富山ガラス造形研究所は、ガラス造形作家の育成を目的として1991年に設立されました。550名余りの卒業生の多くは、プロのガラス作家として国内のみならず海外でも活躍しており、教員や卒業生はもとより、在学中の学生達も国際ガラス展や公募展などで数多くの受賞実績があります。

本研究所の特徴は、指導する教授陣が充実していること、設備が整った環境の中でガラスの専門教育を受けることができます。常時2名の外国人准教授による指導や著名な海外作家によるワークショップ、交換留学制度など海外との交流を行い、さらに様々な分野の講師による特別講義などで、常に学生に刺激を与えられるようカリキュラムを充実させています。

富山市では、「ガラスの街とやま」をまちづくりのひとつの柱として掲げ、約30年をかけてガラス芸術の振興に関する施策を展開し、本研究所や富山ガラス工房、アーティストハウスの整備を行い、さらに2015年にはガラスの街づくりの集大成として、富山市ガラス美術館が開設され、ガラスの街にふさわしい環境ができています。

キャンパス名
富山市立富山ガラス造形研究所
所在地
〒930-0143
富山県富山市西金屋80

富山ガラス造形研究所の学部学科・コース